いろんなモノやミリタリー等について、徒然につらつらと綴ります
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
SILVAコンパス エクスペディション54
2017-03-22 Wed 09:00
何だろう、コンパスお宅になりつつありそうな感じですが、SILVAコンパスを買ってしまいました。SILVAコンパスはプレートコンパスが有名ですが、中には蓋の付いた物(レンザティックコンパス様の物)もありました。
今回買ったエクスペディション54は、蓋は付いていないのですが、目標物を特定できてどの方向かわかるようになるものです。
brogDSC_0173-3-20.jpg
プレートコンパスでは、地図上では位置を特定できても、目標物に対しては、合わせるのが大変でした。
プロトラクターも付いているので、ある程度の歩く距離なども計る事ができます。一般的な地図スケールの2万5千分の1や5万分の1のスケールが有り4万分の1のスケールもあります。2分の1インチスケールが右側に(写真で見ると上側)、100mmのスケール(写真でみると下側)の目盛りがふってあります。
その他に、マーキング用の穴が開いていたり、ルーペが付いていたりしています。
そして、このコンパスの売りの方向特定ができる機能が付いています。
brogDSC_0180-1-3-20.jpg
覗いてみると、コンパスの角度表示が現れます。(クリックすると拡大します)
brogDSC_0179-3-20.jpg
海外で売られている物は、ミル表示と度表示が一緒に表示されていますが、このモデルは、度表示と反転角(反対側の角度)が表示されています。
サイズは60×125×16mm
使用温度域は-40℃から60℃
方位測定精度は外側リングは2度 ミラーサイトは1度(目盛りと目盛りの間に線を入れれば0.5度)
重さは40g

ミル表示仕様の物が欲しかったんですが、型番でしか区別のしようがないようです。
この度だけ表示の型番はECH112という輸入代理店が付けたナンバーがついていますが、ミル表示の型番はわかりません。
NATOの納入品番号(NATO no.6605-21-854-7715)はわかりましたが・・・












スポンサーサイト
別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
チャイナの双眼鏡を買いました_2
2017-03-20 Mon 08:30
チャイナの双眼鏡を買いました。 その2です。
軍用双眼鏡 10X50 コンパス付き 防水耐衝撃
brogSnapShot4-3-18.jpg
色味とかシュタイナー双眼鏡に似ています。色味はもっとグリーンよりになっていますが。
1万円ちょっとでこんな双眼鏡が買える時代になったんだなーっと

brogDSC_0164-3-18.jpg
同じところで買った人が、10倍じゃなくて7倍が送られてきたって文句言ってましたが、私の場合は、きちんと10倍のやつが送られてきました。よかった(#^.^#)。中華の人に物を頼むとたびたびこんなことが起こるので、大陸らしいおおらかというか、アバウトというか、いい加減なところがありますね。商品は送ったんだからいいだろって言ってみたり。
brogダウンロード3-3-18
電池を入れるところが有り、暗くなったら上部のボタンを押すことで、コンパス内に灯りが入り視認できるようになるという物です。
色は赤色。
通常は、上部にある白い部分から明かりがはいり、コンパスが視認できます。電池の蓋部分には塗装がされていません。塗った方が一体感出て良いのにね。塗装はげとかが出やすいのかな。
brogDSC_0166-3-18.jpg
レンズはマルチコート、中にはニトロゲンガスが封入されているようです。

最初、ビデオカメラで撮影をしようと頑張ってみましたが、手持ち双眼鏡、手持ちカメラで強風の土手では撮影はちょっと無理、満足できる映像が撮れませんでした。携帯で写メって見ましたが、何枚も撮ったうちの見るに堪えられる写真だったので載せておきます。なんか色にじみとか周辺画像がぼけてたりと出てますが、実際は、はっきりくっきり見えています。〔クリックすると拡大してみることができます)
DSC_0159.jpg

レンジファインダーの使い方がアニュアルに載っていました。
brogスケール-3-18

kyori.png
オブジェクトの高さが20mだったとき、そしてレンジファインダースケールの読みが1.6だったとき
kyori_keisan.png
反対に今度はオブジェクトサイズを知りたいときは、
saizu.png
obujekuto_saizu.png
レンズ左側先端にカリギュレーター目盛りが付属しているので、これを利用して距離と大きさを計算できるはずですが、このリング正確なのかな?白いドットが打ってあるんですが、計算が合わない。
計算尺世代ではないので、使い方がいまいち?ですが、アメリカ人の方が言うには、計算式で答えを出してみて、自分で本体に計算結果と会うところに印を入れろ!と言ってました。
コンパスですが水平方向しか動かないよって注意書きがありましたが。私の双眼鏡で実際使ってみたところでは、上方45度以上傾けてもコンパス動いてました。但し、下向きにするとコンパスは全く動かなくなりました。

この値段で、この明るさ、コンパスとレチクルが付いてきて見やすい、壊れていない(w)、ゴミの混入もありませんでしたので、買って良かったです。
でも、中国から送られてきた荷物の扱い方には、冷や汗をかきました。外箱がつぶれていました。中の商品が壊れているんじゃないかと思いましたもの。

中華物を買うときは賭けですね。






別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
チャイナの双眼鏡を買いました_1
2017-03-19 Sun 08:30
中国製のSVBONY 双眼鏡 防水 防霧 8x42 そんなに重くなく、ちょっとの歩きなら持ちながら歩き回ることができるでしょう。山行ならもっとコンパクトな物を持ち歩いたほうが良いかもしれません。
brogSnapShot3-3-18.jpg
brog71UXERHkeDL3-18.jpg
brog717VITvWn5L3-18.jpg
覗いて感じたことは、しっかりきれいに見えます。周辺部位のにじみも感じません。
ただ、アイレリーフが長いので、裸眼で目をぴったり付けてみようとすると、画像が見えません。
メガネとかゴーグルとかを付けてみると良い感じです。
実際、サングラスをかけて覗いて丁度良い感じでした。右側に視度調整のリングが有り、いくらかは調整可能です。また接眼部の所にアイレリーフ調整用の繰り出し機構がありますが、いっぱいにしてもアイレリーフが長いです。(メガネっ娘専用なのかと思うくらい)
この値段で、そこそこののぞき具合でしたら、買いの部類に入るのではないでしょうか。光軸も狂っているわけではないので、バードウォッチングや星見でも十分いけます。(前面中央部に双眼鏡三脚用のねじが切ってあります。〔蓋はしてありますが〕)

実際覗いた画像を載せたかったのですが、双眼鏡手持ちで、ビデオカメラも手持ちで、風の強い土手で取っていたのですが、参考になるような絵取りができませんでした。(すみません)

重さは871 g
ウオータープルーフを謳ってますが、水につけた事は無いので、実際はわかりません。
また、防露も中に窒素ガスが入っているかもわかりません。
レンズは、マルチコートのようです。
プリズム素材はBK4を使用しているとのことで、そこそこ明るいです。
手触りの感触は良いです。滑り落ちることはない感じです。バリもなく持っていて痛いというような事はありません。
BK7が2000円ほど安く売っているので、迷いましたが、こちらを選んで正解だったように思います。

日本製の高級機には及びませんが、通常使用するには何の問題も無いのではないでしょうか。
使ってなんぼのもんだと思います。

良く公園とかで、凄い高級カメラをお持ちになって、このNikonの●●はねとか、レンズの●●がねって機材自慢してくる初老の方々をみかけますが、それはそれで趣味の方向性が違うだけでよろしいのですが、こちらに干渉しないでくださいって言いたいです。こちらは写真を撮ってなんぼの物かと思っているので、機材自慢は同好の士どうしでやっていただきたい。機材の自慢するなら写真も撮れって言いたい。

ある公園での出来事に愚痴が出てしまいました。(WWWW)









別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
日本製 コンパス ミザール?YCM?
2017-03-11 Sat 09:00
YCMコーポレーション(コンパス製造会社)の製品レンザティックコンパスです。箱にはミザールと書いてあったんですが、YCMコーポレーションのマークが入ってました。OEM製品なのかな?
製品は自衛隊に納品されているものと同じ物のようです。
brogDSC_0138-3-10.jpg
brogDSC_0139-3-10.jpg
brogDSC_0141-2-25.jpg
brogDSC_0142-3-10.jpg
brogDSC_0143-3-10.jpg
方角を特定する時、自分の位置特定にも便利です。
米軍の物には、ひもを通す金具が指押さえ鐶の内側にあるのですが、これにはありません。

そして、プロトラクターを手に入れました。台湾製です
brogDSC_0136-3-10.jpg
外周がミル、内周が度表示です。縮尺によって距離が計れるゲージが付いています。

解説youtubeがあったので参考にしてみました


米軍のフィールドマニュアルFM3-25.26が無料で配布されているので、参考に見てみます。
brogフィールドマニュアル表紙-3-10
このフィールドマニュアル事細かに解説されてます。専門的な用語も使われていますが、このマニュアルは米軍の全軍(陸海空軍)将兵に使われる物だそうで、いろんな人が入ってくる米軍の軍人が基礎的に学習する物だそうです。

すごく古い、トレーニングフィルムですが、地図の見方の基本は変わっていないので、参考にはなるでしょう。但し現在の地図システム(グリッドシステム)には対応してません。本当に古いですからね。
軍服がベトナム戦争初期の物、ライフルがM-14なのでしょうか、また地図を裸で持ち歩くという変わったフィルムですが、トレーニング用なのでこんな感じなんでしょうね。









別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
コンパス2態 中国製
2017-02-28 Tue 09:00
レンザティックコンパス 中国製のコンパス2種

中国製のコンパスUeasy 製です。この型の金型が多く出回っているのか似ている物が多数出ています。
brogDSC_0062-2-25.jpg
表面には、社名がプリントしてあります。ボディ色はブラック。この他に茶色やデジタル迷彩(中国軍の)の色があります。
蓋の部分を開けてみましょう。
表示部分、水準器部分問題ないです。上等です
しかし、これ蓋が90°以上開きません。ひもの付いている部分に干渉してしまって無理です。ですから横に印字してあるスケールも本体部分にしかありません。これぱかっと180°開けたらすごく良いのに残念って感じです。
brogDSC_0064-2-25.jpg
蓋部分の透明な板にはレティクルが表示されています。
brogDSC_0074-2-25.jpg
後には、なにやら換算表が書いてあります。
brogDSC_0065-2-25.jpg
そして、アイピースが付いており、そこを覗くとコンパスの表示が見られる用になっています。
brogDSC_0067-2-25.jpg



もうひとつはこちら
色はオリーブグリーン 両サイドにスケールがあって、片方が一般的な地形図の2万5千分の1スケール表記
brogDSC_0068-2-25.jpg
brogDSC_0069-2-25.jpg
こちらはパカッと180°開くことができます。黒い板のような物が覆っていますが、これがクリノメーター(傾斜計)です
brogDSC_0070-2-25.jpg
brogDSC_0071-2-25.jpg
黒い板を起こすとクリノメーターが使えるようになります。自由落下式 振り子式で一番下におもり(板)が移動して角度がわかるという物
brogDSC_0072-2-25.jpg
クリノメーター要らないから、180°開いて使える奴が良いですね。

どちらの物もアルミダイキャスト製で、底部に三脚用のねじ穴が開いています。持ち歩くにはちょっと重いかなと思います。
筋肉隆隆の人には関係ないでしょうけども。 しかし良くできていますよこのコンパス。オイル封入式ですし、目標物を細かく特定できるサイティングノッチおよび十時レティクル線、目標を特定したときに、コンパスのメモリが見えるアイピース。作りもしっかりしていますし、塗装がはげてるとか壊れているとかありませんし、中国製と言っても侮れません。












別窓 | ミリタリー | コメント:0 | トラックバック:0
| CRESCENT | NEXT
ホームページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。